検索:

中国の電源事情について

中国国内の電圧は220ポルトで周波数は50ヘルツです。
日本は100ポルトなので、日本で使用している電器製品を使うには
変圧器が必要です。ただし最近の電器製品は100~240Vに対応しているものが
多いのでそのまま使えますが接続前には必ず確認しましょう。
ホテルによってはシェーバー用に110ポルトのコンセントがあります。

変圧器と聞くと重たいという印象ですが、小型の電器製品1つだけ接続する
のであれば小さなアダプタくらいの大きさの変圧器が1000円以下で売っています。
お店で「変圧器ありますか?」と聞いたらアダプタが出てきたので「違う」と
言ったら店員に「これが変圧器だ」と言われました。よくよく見ると変圧器でした。
軽くて便利ですが、ちょっと不安です。壊れては困るものであれば
ちゃんとした変圧器を買いましょう。

コンセントの形状には「Aタイプ」「Oタイプ」「BFタイプ」があります。
文書では形状を表現できませんが、「Aタイプ」が日本と同じタイプで
「Oタイプ」と「BFタイプ」3つ穴があるタイプで日本にはありません。
上海では「Aタイプ」と「Oタイプ」が一般的です。
変換タップ1つあるとたいていどこでも使えます。

コンセントの数が足りない場合に使う電源タップ(OAタップ?)ですが、
たいてい電源ON/OFFのスイッチが付いています。少し高いものだと
ヒューズが付いており過電流が流れても保護するようになってます。
オフィスで何度か漏電したことがありますがヒューズがとんだだけで
機器には異常ありませんでした…が当然ブレーカーが落ちました。

ビルによっては電圧が不安定なところもあります。
たまにUPSから「カチッ」という音が聞こえます。これは一瞬バッテリーに
切り替わった時の音です。停電トラブルは今まで経験したことがありませんが
場所によっては電圧が不安定であるようです。PCにもUPSを接続したほうが安心です。

コンセントを差し込む時に青い火花が散ることがよくあります。
最初は驚きましたが慣れると気になりません。
逆に火花が出ないと「アレッ電源きてるかな…」と疑ってしまいます。
中国人の話しによると「感電死するから火花には触れるな」とのことです。
確かに220ボルトでは危険です。


■ あとがき

いかがでしたでしょうか?日本では漏電やコンセンの形状を気にすることは
あまりありませんが、上海では特にPCなどの精密機器には注意が必要です。
PCの故障原因の一番が電源とのことです。
次回は「上海でのパソコン事情について」をお届けします。
配信は2003/03/01を予定しております…明日です。

中国のデータセンター(その7)

久しぶりにデータセンターのネタです。
中国へ進出している日本の通信会社やSI会社などがよく
「マルチキャリアデータセンターで通信の問題を解決!」と
宣伝しております。ようするにデータセンターに中国電信と中国聯通の
回線を引いているのでスゴイよということです。非常に気になります。
使ってみたいです。イヤ…使います。
ということでデータセンターの選定です。

日系企業であれば当然、日本の通信会社やSI会社がサービスしている
データセンターの利用を検討すると思います。
弊社も検討してみました。結論…無理です。

理由その1…高い。

日本の通信会社やSI会社が自社データセンターと宣伝しておりますが、
実際は中国の通信会社などのデータセンターを利用しているのが
ほとんどです。ということは直接そこと契約すれば良いのです。
ただし、日本のようなサービスを受けたければ日本の通信会社や
SI会社のデータセンターを利用するのが良いかと思います。
一番大変な中国の通信会社とのトラブルも対応してくれると思います。

理由その2…弊社(私)のワガママを聞いてくれそうにない。

弊社は大企業ではありません。日本の企業は弊社のような弱小企業が
「そんなのイヤだぁイヤだぁ」と言っても聞いてくれそうにありません。

ということで結局、10年程前から付き合いのある中国の通信会社を
利用することにしました。ここなら弊社(私)のワガママを
聞いてもらえそいうです…イヤ聞いていただきます。


■ あとがき

次回はデータセンターの利用開始までをお送りします。